問題

睡眠時間と肥満

解説

◆…睡眠時の身体作用とダイエットの関係

「寝ているときは起きている時よりもエネルギーを消費しない。だから就寝時間が短かいほど痩せやすいだろう」と考える人が多いかもしれませんね。

確かに就寝中は脳や筋肉(骨格筋)の動きは低下します。

でも就寝中といえども心臓や呼吸の為の肺は活動していますね。

内蔵には夜から朝にかけて働くものが多く、身体の修復にもエネルギーが使われます。

脳や筋肉のエネルギー源はおもに糖質です。
ところが内臓や就寝時の呼吸筋のエネルギー源は

睡眠

ダイエットにうれしい「脂肪使用モード」に切り替わるのです。

また仮に夕食を夜7時、朝食は翌朝7時の場合、就寝を挟んで
12時間の「プチ断食」も合わせて行なっていることになります。

つまり就寝中は体に入るエネルギーは
ゼロ。

エネルギー消費は
脂肪中心。

質の良い睡眠により疲労した肉体と脳の修復も行われます。
すると翌日、昼間の活動代謝のアップにもつながります。

「自律神経」、「ホルモン分泌」など、
良質の睡眠が与える働きは非常に大切なことばかりで、ダイエットにも重要です。

ちなみに、

就寝時間が長くなり過ぎると今度はマイナス面が出てきます。

「ホルモン分泌」、「自律神経」、「体内リズム」などに異常が生じ代謝が落ちます。
上の実験グラフからも理想の睡眠時間は7~8時間のようです。

◆…食物繊維、栄養バランスのとれた『玄米』はダイエットにおすすめ

玄米で基礎代謝アップ

『玄米』には

【基礎代謝】をアップする栄養素が

バランスよく含まれています。

玄米とは

さらに、

・血糖値の安定化

・体内のホルモンバランスの正常化''

・自律神経の働きを正常化''

・便秘、肌荒れ。''

・代謝アップ''など、

美容とダイエットに役立つ効果があるといわれています。

でも、

玄米デメリット

そんな問題を解決する方法、

簡単に

美味しく

健康ダイエット食材の『玄米』を食べる方法。

それは、

玄米を焙煎して、粉末化すること。

そもそも生の状態の米は、非常に消化が悪いため、ほとんどの人が胃を壊しますが、焙煎(加熱)することで、そのまま食べられるようになります。

また玄米を長時間焙煎することで、
玄米独特の嫌な臭い(ヌカ臭)が消えて、美味しくなります。

粉末化によって消化吸収が良くなり、効率よく玄米の栄養をとることが出来るようになります。

玄米には抗酸化ビタミンのビタミンEが豊富ですが、
焙煎によって、さらに抗酸化作用のあるポリフェノールが増加します。

◆…【ポリフェノール】の効能。

体内の「コレステロール」や「中性脂肪」が酸化すると「過酸化脂質」ができます。
【ポリフェノール】には、この「過酸化脂質」増加を防ぐ【抗酸化作用】があります。

【過酸化脂質による影響】

画像の説明

  1. ・「過酸化脂質」は40代から発生する加齢臭を促進。
  2. ・加齢臭は皮脂中の脂肪酸と体内の過酸化脂質が反応して発生するノネナールが原因。
  3. ・原因物質は異なるが加齢臭は30代からはじまっている。
  4. ・「過酸化脂質」は皮膚の細胞を傷つけ、色素沈着やシワの原因になる。
  5. ・中性脂肪が酸化した「過酸化脂質」は発がん性があると考えられている。
  6. アトピー性皮膚炎と皮脂中の「過酸化脂質」の関係があることが分かっている。

【ポリフェノール】摂取で「過酸化脂質」が減少

  • ・老化防止
  • ・健康
  • ・加齢臭の防止

に役立つといわれています。

【ポリフェノール】は悪臭などの「ニオイのもと」を網のように包み、無臭化する働きもあるといわれています。

玄米まるごと玄煎粉についての説明はこちらにあります。

ご注文はこちらから お問い合わせ

玄米焙煎粉の食べ方(その1)

玄米焙煎粉食べ方1

玄米焙煎粉の食べ方(その2)

玄米焙煎粉食べ方2

玄米まるごと玄煎粉についての説明はこちらにあります。

ご注文はこちらから お問い合わせ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM