安心の『原材料』

健康にこだわった原材料で作りました

・『玄米まるごと玄煎粉』はアレルゲン“27品目”不使用。もちろんグルテンフリーです。
・製品中にアレルゲン物質が混入しないよう厳重に監視された専用工場で製造しております。
・『玄米まるごと玄煎粉』は北海道産玄米『ななつぼし』一等米を使用しています。
・原材料の玄米は、第三者調査機関にて『残留農薬ゼロ』『放射能不検出』と立証したもので、残留農薬や、放射能汚染が心配されるものは使用しておりません。

【Q】…なぜそこまでこだわるの?
・ご愛用いただく皆様に、健康な人生を送っていただくことが『玄米まるごと玄煎粉』の願いだからです。


◇…原料および製品の『放射能測定結果』…◇

「分析表」をクリックすると拡大。

※放射線量【未検出】



◆…玄米食品の原料…◆
お客様の健康と安心を第一に考え【北海道道央産の”低農薬米”】を使用しています。◆…当社の分析規定…◆
安全のさらなる確認のため、定期的な放射線分析をおこなっており、万が一放射線が検出された場合には、たとえ基準値以内でも使用いたしません。
お客様の健康を第一に、安全な商品を提供することを最優先としてまいります。
残留農薬(250項目)の分析結果
分析全項目残留農薬【検出せず】(定量下限値以下)

「分析表」をクリックすると拡大します

分析結果表の見方について

◆『試験結果(ppm)』
残留農薬が含まれる場合にはここにその量が数字によって記載されます。
定量下限値に満たない場合「検出せず」と表示されゼロ及び限りなくゼロに近い値です。

◆『定量下限値(ppm)』
分析可能な限界値です。

◆『基準値(ppm)』
食品衛生法では基準値以下であれば健康安全上問題がない残留量と定めています。

◆当社の残留農薬基準

当社で利用する玄米は、「定量下限値以下」で、分析値が全く現れない「ゼロ状態」であることを分析担当より口頭で確認しておりますので「残留農薬ゼロ」の表現を取らせていただいております。

【ppm(ピーピーエム)】について
成分の濃度(割合)を表す単位です。
例えば【%(パーセント)】も同じように濃度を表す単位ですが、「%」は全体量が100のとき、分析成分の量が「1」であれば1%と表します。
それに対し「ppm」は全体量が100万のときに、分析成分の量が「1」であれば1ppmと表します。
例えば、分析値が「0.01ppm」であれば、1億分の1を表していることになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする